大阪市天王寺区大道1-4-9 大信ビル2階
アクセスマップ

クリニックの理念

トップページ > 赤垣クリニックの理念

患者さまに安心して治療に専念していただく環境づくりのために、「あたりまえ」であるものばかりではありますが、当クリニックの取り組みをご紹介いたします。

■医療事故の防止
患者さまカードと透析監視システム[CAM90]の運用により、患者さまの取り違え防止に努めています。
実際のカードを手に取って、画面上でも確認し、二重チェックをする事で確実性を高めています。
■医療廃棄物の処理
医療廃棄物とは、医療関係機関から排出されるすべての廃棄物を指します。
その中で、感染性廃棄物の処理の問題はマスコミ等で多々取り上げられているのでご関心のある方も多いかもしれません。

当クリニックでは、その感染性廃棄物の処分については、専用の容器(専用ダンボール、スチール缶)を使用し分別、保管を慎重に行っています。
保管後は、専門の業者により収集・運搬・再生・処分がなされるのですが、それが適切に処理されると、廃棄物の種類や量等を記載したマニフェスト(産業廃棄物管理表) の写しが返納されます。
その確認まで徹底して管理することで、責任をもってその処理にあたっています。
あたりまえの事ではありますが、安全第一を前提に、適切で確実な対処をモットーに実践しています。

■医療排水の処理
排水の処理については、下水道法施行令に基づき定められた条例に従ってpH調整を実施したうえで排出しています。
■環境配慮
患者さまや当クリニック周辺を取り巻くさまざまな環境への配慮を常に意識して、適切に対応を行って参ります。
その対策・対応は、「環境」を大きく3つに分類した上で取り組んでいます。
治療環境(院内環境)
患者さまに過ごしていただく当クリニックの快適で安全な環境づくり
【災害などによる緊急時への対応】
・RO水処理装置は耐震用の配管を採用しています。
・ベッドサイドのすべての機械に無停電装置を備えています。停電から30分間、稼動します。
・ベッドのキャスターは固定し、機械や外の物のキャスターの固定は外してあります。これによって、転倒や遊走を防ぎます。
・ダイアライザー、血液回路、透析液など消耗品の在庫数を、常時3日以上は確保しています。
・照明の落下防止に透析室内の蛍光灯には網を付けてあります。
社会環境
医療を取り巻く医薬・支援・情報などの適切な発信・活用・提供、あるいはクリニック周辺の事業所・地域との連携
【医療情報の提供】
患者会主催の勉強会などを通じて、院長による合併症と治療についての説明、栄養士による食事指導などさまざまな情報提供を行っています。
自然環境
地球市民としての自然保護への取り組み
【省エネルギー対策】
エアコン温度は省エネ基準として決められた「夏は28度、冬は20度」を出来る限り守り、服装の工夫などで暑さ・寒さ対策を実践してます。